約束の家で建てる家

コンセプトは不動産と設計の融合

 

1.ご家族の生活スケジュールをとことんヒヤリングします。

ご家族の生活に密着した空間を設計するために、どのような空間が望ましいのかをご家族の生活スケジュールから設計に反映していきます。
生活動線やデザインだけでなく、本当の幸福感を感じるためには、理想的な未来のイメージが必要です。
デザイン、機能、性能、に自分らしさを加えることは、大切なものを大切に想うご家族のあるべき姿だと思うのです。

2.その家の5年後、10年後の暮らしをイメージします。

ご家族の将来が見えないと設計はできないものです。それは、不動産を探すときと一緒。
ご家族の将来が見えなかったら、それは家を買うもしくは建てるタイミングではありません。
現状のご家族の状態で住宅購入を決める方が多いのですが、5年後、10年後の暮らしは今とは間違いなく違うわけです。ご家族の変化に対応するためには、ご家族が将来をイメージできるかどうかが大切です。

お金の話もたくさんします。決して無理はしてはいけません。無理して建てるのならば今は建てない方がいいというアドバイスになることも当然あります。
それでも無理をして買ってしまう人は、建売を買ってしまいます。
きっとどうしてもほしかったのだと思います。
しかし、将来的に売却せざる負えない状況になる方もいらっしゃいます。
私は、買ってください。建ててください。とは決して言いません。
ですから、安心して相談してください。

相談したあとに、ご家族の将来がイメージできたときに、私が近くにいることができれば、すばらしい未来を一緒に考えましょう。

 

3.大切なのは住んでから

家は、ご家族の輝かしい人生を演出する要因の一つであると想います。
ご家族の生活をお聞きし、共感し、好きになる。
それが出来なければ、一生涯お付き合いしていくことができなくなります。

逆に言えば、共感し好きになることが出来なければ、家づくりを進めてはいけないという事も言えます。
住んでからの小さな問題などは、住んでからしかわからないこともあります。
ご家族の小さな問題でも真摯に解決していくことは、私が最も大切にしていることです。
それがあってこそ、生涯のお付き合いができる。
ともに感動を創り上げ、生涯のお付き合いを約束する。それが約束の家で建てる家づくりです。